制作したwebを公開しよう

作成したウェブサイトを公開する為にドメインとサーバーを用意

ウェブサイトを作った後にそれを公開するにはサーバーとドメインが必要になります。サーバーは自分で設置して管理するのはある程度知識も必要ですし、コストも手間もかかります。個人でウェブサイトを公開する場合は自分でサーバーを設置して管理をしなくてもレンタルサーバーを契約する事で充分です。
ドメインはインターネット上の住所の用なものでウェブサイトを公開するのには絶対に必要なものです。ドメインは検索エンジンからの評価も蓄積していくので、長く運営していく事で集客力のあるドメインになっていきます。少しでもウェブサイトを見てくれる人に覚えてもらいやすくする為にはドメインにウェブサイトの名前を入れるなどすると良いです。


ドメインとサーバーの重要性

ウェブサイトの流入の多くは検索エンジンからなので、検索エンジンの上位に表示される事で大きく集客をあげる事に繋がります。ドメインは検索エンジンからの評価も蓄積するので、長く運用する事が集客力をあげる事になります。またリピーターになったユーザーがブックマークをした時もドメインが変わってしまうとブックマークからアクセスできなくなるので、ドメインは失効しないように注意して長く運用するべきです。
サーバーはレンタルする場合でも容量などスペックを選ぶ事ができます。
動画や画像が多いウェブサイトであったり、アクセスが多いサイトなのに容量の少ないサーバーを使っていると接続しにくいページになってしまいます。ユーザーに快適に見てもらう為にも運営しているウェブサイトにあったサーバーを用意する事が大切です。

Webサイトは、簡単に言えば「実装」と「デザイン」ができれば誰にでも作成できます。実装はHTML、デザインはCSSでできるため、この2種類の言語を学べば、webサイト構築が可能です