テンプレートを使えばさまざまなデザインに!

今の時代、あまり知識無くても自身でいいサイトが作れる

昔は会社や個人が公式サイトを開設するような場合は、自分ひとり、もしくは社内スタッフの手だけではとても格好いいサイトは作れないものでした。そして、業者に頼むとなると軽く10万円以上のコストがかかるほか、自社・自身での更新が難しい場合は、更新作業も外部で行ってもらうことになり、継続コストが必要になる場合もありました。しかし、2000年代半ばにブログが出来たり、ブログに近いサーバインストール型CMSが登場し、外部に頼らなくてもホームページが更新できるようになってきました。そこからさらに進化し、難しいサーバインストール作業も必要なく、ブログのようにログインしてオンライン上ですべての作業が出来てしまうクラウド型CMSの登場で、ブログを操作できる人なら誰でも格好いいホームページがすぐに作れるようになっています。


クラウド型CMSはブログ同様にテンプレート変更が一発

月1000円程度の料金で利用できるクラウド型CMSの良いところはたくさんあります。その中でも、やはり特に良いところはブログ同様に、サイトのデザインを変えたい場合にあらかじめ用意されている多数のテンプレートから好きなものを選択し、ボタン一つでデザインを変更できる点です。同じテンプレートのままですとユーザに飽きられたりする恐れもありますが、定期的にテンプレートを変更するとユーザにとっては新鮮なものですので、特に企業サイトではなく情報サイト系の場合は、定期的にテンプレート変更してみることをおすすめします。また、ワンタッチでテンプレート変更はできますが、ある程度の技術があればテンプレートをカスタマイズできるCMSもありますので、自社内の知識が高いスタッフにカスタマイズ作業を担当してもらえば、オリジナリティー溢れるデザインに改造することも可能です。